Latest Entries

チェルノブイリ32周年によせて

2018年4月26日でチェルノブイリ原発事故から32年が経ちました。
わたしたちチェルノブイリ救援・中部は設立した1990年からずっと被災者のために
活動をつづけてきました。
30年も経つと世の中は様々なことが変化していきます。
日本でも大きく時代が変わってきました。
もちろんウクライナでも同じことだと思います。
しかし、チェルノブイリの被災者は救済されてきたかというと、どうでしょうか。
人々の記憶から、事故のことが忘れられていき、被災者は取り残されていきます。
「30年」長い年月に思えますが、あの事故で放出されたセシウム137はようやく半減したにすぎません。
原子力災害は長く続くのです。

この32周年によせて、わたしたちのカウンターパートであるホステージ基金をとおして、
ウクライナの友人・知人のみなさまへメッセージを送りました。

以下、メッセージを紹介します。

「親愛なるウクライナの友人・知人の皆様へ

 あの悲惨な被害をもたらしたチェルノブイリ原発事故から33年目を迎えるに当たり、
親愛なるウクライナの友人・知人の皆様に心から哀悼の意を表します。
つい1か月前、私たちは福島原発事故から8年目を迎えました。
日本の私たちは今、改めてチェルノブイリの被害に見舞われた皆様の苦しみや悲しみを思い起こし、体現しています。
 
 そして、先日、福島を訪問してくれたドンチェヴァさんとボウクンさんのお話は
福島の人々を勇気づけ、改めてウクライナの皆様との交流の意義を強く感じさせてくれました。
また、チュマクさんからの力強いメッセージに込められた事故処理作業者への温かい思いやりの言葉に、
これからも長く続く廃炉作業の従事者たちの安全を心から願わずにはいられません。

 チェルノブイリと福島の事故をすべての人々が自らのものとして受け止め、
再び同じ事故が起こらないように努力しなければなりません。
そして不幸にも事故を経験したウクライナと日本の私たちが、これからも協力して事故の経験を
後世の人々に語り伝え、事故の再発防止と同時に、悲惨さを乗り越え新たな希望を生み出す努力を
続けようではありませんか。

 チェルノブイリ事故33年目にあたって
 2018年4月25日

    チェルノブイリ救援・中部メンバー 一同」

4月20日(金)・23日(月) 事務所は15時で閉めます

<お知らせ>

4月20日(金)~23(月)の第31次測定隊に事務局スタッフが参加するため、
20日(金)と23(月)は事務局業務を15時で終了させていただきます。
ご了承ください。

 事務局

※「測定隊」とは…
2011年から継続して行っている南相馬市(および浪江町・富岡町)の空間線量測定プロジェクト。
毎年、春と秋に全国から測定ボランティアを募集し、
現地住民と二人一組で空間線量を測定する活動です。
今回で31回目となります。
測定結果はマップにまとめて南相馬市、浪江町、富岡町の各地に無料配布しています。
そのほか、HP上でも公開しています▽
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/sokutei-map.html

菜の花畑の今!

本日の菜の花畑です。
4月28日開催の「花見会」に向けて、いい感じでしょう~~



2018040602.jpg

咲きはじめですよね~
満開の菜の花畑が期待できそうです。

南相馬に春が来た!

今年は、いつもよりう~~んと早く桜が開花し、すっかり春を満喫してしまい、この先桜ロスに陥りそうなあなた!
南相馬では、これからが春本番!
菜の花の季節がやってまいりました!

4月28日に行われる「菜の花 花見会」の会場、萱浜地区の圃場は、いまこ~んな感じです。
ここは、昨年9月に100名以上の方に参加していただいた種まき会の会場でもあります。

見ごろは、ずばり4月28日! ぜひぜひお越しください!

萱浜A

萱浜B

3月11日 東日本大震災 追悼の手紙~ウクライナ・ジトーミル州より~

3月11日、東日本大震災から7年が経ちました。
その日に寄せて、長年わたしたちとともに原子力災害と闘ってきたウクライナの団体や学校、幼稚園などから
今年も追悼の手紙が届きました。
今日はまず一つご紹介します。
ジトーミル州の慈善基金「チェルノブイリの消防士たち」代表のチュマクさんより。

-----------------------------------------------------------------
チュマク氏の手紙原文
2018年3月6日
       同胞)である日本国民、
       「チェルノブイリ救援・中部」のすべてのメンバーの方々に

 2011年3月11日という日が私たちの心に痛みと悲しみを刻んだ時から、さらに1年が過ぎました。
この宿命の日、皆さんの国は地球規模の悲劇の薄闇に包まれたのです。
それは何の罪もない人々の命を奪い、何千人もの日本人の未来を破壊しました。

 ウクライナの私たちも、すでに32年、チェルノブイリの原子の災厄の重荷を背負っています。
ですから、日本での悲劇的な出来事と日本国民の方々の不幸を、
誰にもまして、我が事のように深い理解をもって受け止めているのです。
日本の地で亡くなられた方々のご冥福を祈って、私たちは深く頭(こうべ)を垂れます。

 原子力の災厄の開いた口に、それと闘うため飛び込んでいったすべての人たち、
またこの災害を他人事とせず、今も惨事の影響を克服していくため全力を尽くしている人たちの前に、頭を垂れます。

 私たち、元消防士のチェルノブイリ原発事故の事後処理作業者たちが、
ジトーミル州のすべての消防士たちと同様、心も魂も日本国民とともにあることを、
衷心より請け合わせていただきます。
私たちは、皆さんが私たちをチェルノブイリの悲劇とともに置き去りにされず、
事故処理作業者や被災者、汚染地域の住民に命を取り戻させるため支援を続けておられることに感謝しています。
困難は私たちを鍛え、国民を団結させます。皆さんが信念を持たれ、無関心ではいない人たちの助けを得て、
この人災の影響を克服され、日本国民の方々によってなされた善行が、
必ずや百倍にもなって返ってくることを私たちは確信しています。

 この東日本大震災の悲劇の日、巨大な惨事の犠牲となった方々を追悼して、私たちはろうそくに火をともします。

 私たちは常に皆さんとともにあります。

ジトーミル州の慈善基金「チェルノブイリの消防士たち」代表    [サイン]   ボリス・チュマク


Appendix

このブログについて

名古屋のNPO法人チェルノブイリの活動報告ブログです。

CHQchubu

ホームページはこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR