Entries

縄文採集生活111/伊那からのおたより

「馬頭観音」-----------------

野辺の道に、ひっそりと建つ祠をのぞくと

馬頭観音が祭られている。

明治初年、500戸ほどのこの村で

452頭の馬が飼われていた。

馬頭観音


身近に馬のいる風景は懐かしい(ナロジチ地区)。

馬(ナロジチ)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chqchubu.blog.fc2.com/tb.php/198-0adf3123

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

このブログについて

名古屋のNPO法人チェルノブイリの活動報告ブログです。

CHQchubu

ホームページはこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR