Entries

農地再生 南相馬・菜の花ツアー【その3】

【6/21(土)一日目・つづき】
ぐるっと、被災地視察に連れてっていただき、最後に希望の牧場(吉沢牧場)へも立ち寄らせていただきました。
ちょうどこの日の前日、吉沢牧場代表の吉沢さんが、被ばくした牛を連れて国に抗議しに行かれたとのことでした。
(私は南相馬へ向かうバスの車内で前に座っていたおじさんの紙面で見ていたのですが)

ということで代表はいらっしゃいませんでしたが、
被曝の影響か体中に白い斑点があり、角も左右非対称でひんまがっている牛もみました。

この牧場には現在300頭以上の牛がいて、
中には、よそから逃げてここに入ってきた牛もいるそうで、
すべて面倒を見ているそうです。
その中に10頭くらいこの白い斑点ができている牛がいるとのこと。

もっともっとたくさんお話しは聞きたかったけど、時間の制約もあり
足早に宿へと向かいました。

ここでの線量は、1.50μsv/hでした。
牧草を燃やしている焼却炉の周辺は5μsv/hくらいありました。
おそらく灰が高いのでしょう。

何がなんでも殺処分の姿勢をくずさない国と
それでもとにかく生かさなきゃならないと頑張っている吉沢牧場のみなさんと牛たち。

複雑な想いで宿へと向かいました。

お宿は農家民宿に泊まります。
夕飯は「翠の里」さんでいただきます。



有機野菜を使ったお料理で、どれもこれも本当においしい!!
写真にとれなかったのが本当に残念です。

食べきれないほどのごちそうをいただきました。

また震災当日から今までの話など貴重なお話を聞かせていただくことが
できてとてもよかったです。

こうやって現場にくると、そこで暮らしている人たちが
どんな想いでいらっしゃるのか、直接聞くことができます。
これ以上のことはないと思います。

本当にとても素敵な方々でした。
宿のわんちゃんも可愛かった!震災の年に生まれたそうです。
ちょっと臆病そうな花ちゃん。
しっぽをちぎれんばかりにふりふりして・・・
(どうやら男性陣にはなつかなかったようですが笑。)

またみなさんに会いにぜひ行きたいなと思っています!

下は女性陣が泊まらせていただいたお宿「森のふるさと」さんのご主人と奥様。


朝食の時には、除染の話や仮設住宅の話など聞かせていただくことができました。
おいしい朝食ありがとうございました!


↑奥様が作ったわらで編んだねこちゃんハウス。




↑これは居間に飾ってあった言葉が目に留まったので、撮りました。

ああ、その通りだなぁ。
まずは動いてみて話を聞いてみると、次に動くことが見えてくるのかもしれません。

福島へ行かれる方は農家民宿にぜひ泊まってみてください!
たくさんあるみたいですよ~。

わたしたちが泊まったのは、南相馬市鹿島区にある農家民宿。

おばあちゃんちに来たみたいで、ほっと落ち着きます。
藍染もしてるみたいで体験しにきたいなぁーなんて思いながら、宿をあとにしました。

(まだまだつづく・・・)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chqchubu.blog.fc2.com/tb.php/214-fa2e7d3b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

このブログについて

名古屋のNPO法人チェルノブイリの活動報告ブログです。

CHQchubu

ホームページはこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR