FC2ブログ

Entries

ウクライナの火災②

ドンチェヴァさんからウクライナの火災について届いた続報です。

(ウクライナの火災①はこちら)

-------------------------------------------------------------------------------------

ウクライナで火災は再び始まり今度はオヴルチ地方です。本当に悲劇的な状況であることをお詫び申し上げます。火事は416日に再発しましたが、この日は最大34 m /秒の強風がありました。そして今度は火の中心が村の近くで、すぐに村全体と近くの畑に広がりました。結果はひどいです。 5つの村が焼失しました。これらの村は汚染ゾーンにありますが、今では多くの新しい家族がそこに住み始めていました(たとえば、ライチマニー)。消防士と当局は、地元住民をこれらの場所から連れ去ることから作業を始めました。ズルバの村では教会が焼失しました。他の村はほとんどが古い空き家でした。火は村から地方の野原と森林に広がり、それからベラルーシとの国境に広がりました。 655人の住民と108台の車、その内125人の消防士と3台の飛行機を含む31台の専用車がこの火の中心にいました。約48トンの水がこの場所に投入されました。彼らはまた、火を止めるために(特別な装置を備えた)列車を投入しました。この地域からの煙は他の町にも到達しました。 ジトーミル市でも昨日は呼吸するのが非常に困難でした、キエフはまだスモッグの中です...

チェルノブイリ原発付近の火災は現在止まっており脅威はありません。しかし、煙はまだ大気中にあります。当局の言うには放射線レベルは正常です。火災現場からの深い煙に包まれていますが。

オヴルチ地域の火災の中心は町から遠く、主に汚染されたゾーン-20-30 kmでした。もちろん、コーラステン、オブルチ、ジトーミル、その他のウクライナの地域からのすべての消防士スタッフは、この酷いハードワークに従事していました。


-------------------------------------------------------------------------------------

そして、こちらは火災を報じる動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=F6YZ_ztLmfk


消火作業での負傷はもとより、煙を吸っての被害、とりわけ放射性物質の吸い込みがあるのではないかと心配しています。

消防士の皆さんの努力で一日も早く消火できますように、またコロナウイルスの影響が私たちの友人に及ばない様に日本から祈っております。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chqchubu.blog.fc2.com/tb.php/430-c14fb716

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

このブログについて

名古屋のNPO法人チェルノブイリの活動報告ブログです。

CHQchubu

ホームページはこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR