Entries

南相馬の子どもたちにクリスマスカードを贈りました!

南相馬の幼稚園の子どもたちに、日本のみなさん、そしてウクライナのみなさんから贈られてきたクリスマスカードを手渡しました。
みんな喜んでくれたかな?

代表団がウクライナを訪問しました!

 真冬のウクライナに代表団がウクライナを訪問してきました。
そして、チェルノブイリ原発事故の被災地の子どもたちに、日本の人々が描き贈ってくれたクリスマスカードを手渡してきました。
みんないい笑顔で、クリスマスカードを受け取ってくれました。
日本のみなさま、たくさんのカードありがとうございます!

ナロジチA  ナロジチB

お日様幼稚園A

 

ワールドコラボでクリスマスカードつくり!

10月22日、オアシス21で開催されたワールドコラボで、
クリスマスカードキャンペーンを展開!
狭いテントの中にこしらえたカードつくりスペースはいつも満席状態で、多くの方々にご協力いただきました。
カードを作ってくださった方に心から感謝します。
描いていただいたカードはすぐに天井ギャラリーに展示。
テントがカードで埋め尽くされました。

2016 ワールドコラボ


11月いっぱい、カードキャンペーンを行います。
ウクライナの病気の子どもたちに、そして福島県南相馬市の方々に、
クリスマスのささやかなプレゼントを贈ります。
ぜひご協力ください。

産業廃棄物の最終処分場建設に立ち向かう伊那谷 宮田村からのお知らせ

8/23座談会
「産業廃棄物をめぐる伊那谷の住民運動の経験から学ぶ
~あの時、われわれは立ち上がった~」




宮田村と駒ケ根市との境界に放射性廃棄物を含む産業廃棄物の最終処分場建設が計画されています。私たち住民はこの問題にどのように向き合い、またどのように行動できるのでしょうか。

宮田村1

私たちの住む伊那谷には、住民運動が産廃問題と闘った全国的にも有名な事例があります。その時、住民がどのように立ち上がり、そして闘ったのか、今、新たな産廃問題と直面する私たちが学べることも多くあるのではないでしょうか。

この度、伊那市の産廃訴訟、駒ケ根市中沢の産廃訴訟、そして宮田村の西山山林の産廃処分場建設への反対運動の事例を当時住民運動の中心として活躍された先輩方々からお話しを聞く座談会を開催します。ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

宮田村2


日 時:2016年8月23日(火)18:30~20:30

会 場: 駒ヶ根市農村環境改善センター 一心館 (和室)

(住所 駒ヶ根市下平5030)

参加費: 無料

内 容:① 駒ケ根中沢の焼却炉操業停止を求めた住民運動

話し手:竹村 寿彦氏 

② 伊那西部産廃焼却炉反対運動
話し手:渡辺 一也氏  

③ 宮田村西山山林の産廃処分場建設への住民反対運動(1996~2006年)
話し手:小田切 敏明氏

※プログラムは変更になる可能性があります。

主 催: 駒ケ根の環境を守る会
協 力: 放射能を含む廃棄物から子供たちと大久保の自然を守る住民の会
宮田の環境を守る会

お問い合わせ:駒ヶ根の環境を守る会
E-mail kmgnkankyo@gmail.com
Facebook http://on.fb.me/1PwJsK1
Twitter @kmgnkankyo

菜の花のお花見会開催!

大型連休2日目、福島県南相馬市大田地区で、南相馬農地再生協議会が「菜の花お花見会」を開催し、参加してきました。
南相馬市は、今や日本有数の菜の花栽培地
見渡す限りの菜の花はきれいに咲き誇っていました。

福島原発の事故によりお米や野菜が栽培できなくなってしまった農地を、菜の花で美しく彩り、
そして6月、菜種を収穫し、バージンオイルの菜種油『油菜ちゃん』になるのです。
商品は、『油菜ちゃん』だけではありません。
RUSHのせっけん『つながるオモイ』や、マヨネーズにもなります!

菜の花畑  菜の花迷路

参加者は100名を超え、マイクロバスを含む何台もの乗用車が車列をつくって菜の花畑をそぞろめぐり!
5か所ほどの畑を見た後は、市の女性部の方たちの手料理をいただきながら大交流会!
菜の花クイズもあり、賞品の「油菜ちゃん」を何本もGETしている少年!
君はなんてお母さん思いなのだ!


お料理

Appendix

このブログについて

名古屋のNPO法人チェルノブイリの活動報告ブログです。

CHQchubu

ホームページはこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR