Entries

通常総会とチェル救デーのお知らせ

<通常総会とチェル救デーのご案内>

■ 日 時  2017年 6月10日(土) 
  13時30分 ~ 16時45分

■ 場 所  イーブルなごや(名古屋市女性会館) 第1研修室
  (地下鉄 名城線「東別院」下車①番出口から東へ徒歩3分)

■ 参加費  300円/人

チェル救デーでは…
 菜の花サミットのオープニング映像
 菜の花サミット参加者の報告
 白髭幸雄さん(南相馬市在住)のお話
 交流会  などです。

お待ちしています!
 

夏のギフトにいかがですか

この夏の「油菜ちゃん」のラインナップの詰め合わせです。
豪華!

油菜ちゃん、油菜マヨネーズ、油菜ドレッシング、菜の花バーム。
ほかの組み合わせでももちろんOKです。

ギフト20170603

食べて復興支援!
お問い合わせは、事務局または南相馬農地再生協議会まで。

6月の運営委員会

月1回の運営委員会です。
一週間後に総会があり、そのためか今日の出席者は少なめ。
でも議題は盛りだくさん!
ま、いつものことですが。
ホワイトボードに、みっちり報告事項、協議事項が記載され、午後1時から粛々と始まります。

運営委員会20170603

今日の一番のテーマは、来週の総会とチェル救デーの進行について。
総会は1時間、チェル救デーは2時間。
きっちり時間内に収めるための進行の確認。

会議中となにげに壁に目をやると、このようなポスターに気づきました。
今更なんですけどね。
「肉球政党」のものだそうです。

肉球政党20170603

空前の猫ブームらしいので、「あり!」なんですね~

(記 はとさぶれっこ)

希望がやってきた!

今日事務所に来たら、なんとも心打つメッセージが届いていました。   
伊那在住、理事長・原さんから届いた「とれとれ情報」。
南相馬市から長野県飯田市へ自主避難している女子高校生(古内舞桜さん)が今年1月に行われた長野県高等学校弁論大会で、「菜の花プロジェクト」をテーマに弁論を行い、最優秀賞を受賞したという話。3・11の大震災と放射能によって変わり果てた故郷をあきらめずに、長野にいても故郷を思い自分できることをやっていこうとする一人の女子高生。

その彼女の弁論の最後のフレーズが強く心に響きます。

「私たちの力は微力ではありますが、無力ではありません。故郷の地に再び黄金色の海が広がる光景が復活する日を夢見て、今、自分ができることを精いっぱい取り組んでいきたいと思います。」

 どれほどのつらい思いをしたことでしょう。また、これからも、不安はたくさんあるでしょう。しかし、震災、原発事故から時を経て、この前向きな姿。「希望」ですね。このような高校生がいることが。相馬農業高校の生徒さん達と一緒にナタネをまいた時も、彼らを見て「希望」そのもと感じました。

 菜の花プロジェクトは、世代を越え、人々の心に届いていますね。ナタネがあちこちに飛んで芽吹いていく・・・。そうそう、豊橋でも「菜の花プロジェクト」に心動かされた人たちが、また、別の形で活動を初めています。「ちいさな黄色い手紙プロジェクト」。またの機会にご紹介(^^)/     
山盛ブログ

(記:すってんころりん子)

運営委員会のその後…

昨日は、月1回の運営委員会。
来月の定期総会に向けて、議論白熱!
そしてそのあとは、いつも上前津の居酒屋「浜ちゃん」で飲み会です。
浜ちゃんは、伊勢出身の大将が、伊勢から直送している新鮮な魚が自慢のお店。

浜ちゃん20170513

昨日の会議には、南相馬の「とどけ鳥」のスタッフ、小林ご夫妻も参加!
お土産にいただいたのは、牛タン!

お土産20170413
そのほかにも南相馬づくしのお菓子をたくさんいただきましたが、
残念ながら写真を撮る前に食べちゃいました
ごちそうさまでした。

Appendix

このブログについて

名古屋のNPO法人チェルノブイリの活動報告ブログです。

CHQchubu

ホームページはこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR